トップページへ > 大学入学とともに上京し、一人暮らし
大学入学とともに上京し、一人暮らし

"地方から大学入学とともに上京し、一人暮らしをすることになりました。

東京には全く土地勘が無かったので、両親に付き添ってもらい、まずは入学する大学の学生課で相談することにしました。

学生課では、地方からの入学者のために提携の不動産屋さんがあるとのことで、
学生課にも物件の案内がいくつか置いてあり、どの辺りが通いやすいとか、治安はどうだとか親身に相談に乗ってくださいました。

飛び込みで不動産屋さんに入るよりも、学生課での紹介の方が安心であろうとの気持ちで、学生課においてあった物件案内の中から、職員さんオススメの物件を紹介して頂きました。

職員さんは
「やはり女子大ですので、学生の安全と治安を一番に考えて物件を吟味しています。こちらの物件は女子専用アパートですから、上下のお部屋やお隣が男性で気を使うという事もありませんし、オススメです」
と、おっしゃっていました。

両親は「やはり女子大は良い物件を押さえている」と大変満足して、物件のオーナーさんにお部屋を案内してもらい、
そのお部屋を借りることになりました。

そして、上京の日。

引越しを終えて、母と2人で周囲のお部屋の住民の方にご挨拶に回りました。

まず通路を挟んでお向かいのお部屋にご挨拶に伺いました。
ドアを開けて出てきたのは、なんと男性!
私と母は動揺してしまいましたが、その動揺を悟られないように無難にご挨拶をして、お隣の部屋を後にしました。

その後、あちこちご挨拶してみると、私の部屋を含め通路の南側のお部屋は女性ばかり、通路の北側は半分は男性が入居しているという事が発覚。

「女子専用アパート」といえるのでしょうか?

オーナーさんに確認しましたら、「南側は女子専用アパートですよ」と、堂々とおっしゃっておられました。

入居前にもっと突っ込んで質問しておくんだった・・・と凹みました。

しかし、もう一度引越しをする時間も気力もなく、
「まぁ、いいか・・・・」と妥協してしまいました。

しかし、次からはもっと細かいところまで借りる前に確認しようと肝に命じました。"

参考となる情報ガイド

子供が大学に入学と共にマンション売却して、新天地で一人暮らし

Copyright © 2016 富山県の引越し業者 . All rights reserved