トップページへ > 築20年のマンションに引越し
築20年のマンションに引越し

"今年の夏、鉄筋コンクリートの築浅なマンションから鉄骨の築20年のマンションに引越ししました。

まず、びっくりしたのが暑さです。夏ということもあり、部屋の中は灼熱地獄・・・野外に止めた車の中のような蒸し暑さです。
鉄筋と鉄骨でこうも違うなんて知りませんでした。
仕事行く前にクーラーを予約しないと部屋に入れないし、前よりクーラーを付ける機会も増え、この節電時代、私の電気代は恐ろしいことになっています。

また、壁が薄いです。隣の戸を閉める音など、たまに話し声が聞こえたりします。なので夜は洗濯も出来ないし、テレビの音も小さくし、戸には防音クッションを貼りコソコソと生活しています。

最後に、え!?地震!!?って言うくらい洗濯機の脱水の時に地面が揺れます。それは面白いほどで、テーブルに置いた鏡がカタカタと動き出します。
早急に防音シートを買いましたが、それでもあまり改善されていません。100均だったので、もっといい物を買わないといけないと考えています。

ここまで隣や下の人に気を使うなんて思ってなかったのでストレスでたまりません。でもココに決めたのは私なのでとりあえず契約期間は我慢しようと思います。引越しを考えてい方!鉄筋コンクリート物件でお考え下さい。"

参考となる情報ガイド

Copyright © 2016 富山県の引越し業者 . All rights reserved